小学生が脱毛をするデメリットは?キッズでもできるおすすめの脱毛方法も紹介

  • URLをコピーしました!
目次

小学生(キッズ)脱毛のデメリットと危険性について

手軽な家庭用脱毛器から脱毛クリニックやサロンまで、キッズ脱毛は年々、理解度が高まって需要が増えています。

しかし、まだ心身ともに成長しきっていない小学生や中学生(キッズ)は大人よりも肌トラブルを起こす危険性が高いので注意が必要。

この章では小学生や中学生が脱毛を受けることのデメリットや危険性についてふれていきます。

\ 家庭用脱毛器最強のトリアについて /

脱毛時の痛みや火傷について

脱毛クリニックで使われる医療用レーザーなどは特に脱毛時の痛みが強くでます。

脱毛サロンで使われる光脱毛系の方が痛みは少ないとされていますが、その分通う回数が増えたりと一長一短。

また、脱毛後は日焼けしたようなヒリヒリとした感覚があり、肌質や肌の色によっては過剰に光を吸収してしまい火傷のようになってしまうことがあるので注意が必要です。

クリニックやサロンであれば医療系の保証があったりしますが、家庭用脱毛器だと完全な自己責任になってしまうので、キッズ脱毛は万が一のことまで考えておくのが望ましいでしょう。

キッズ脱毛は効果を実感しづらい

基本的に脱毛クリニックやサロン、家庭用脱毛器の原理は「黒い色(メラニン色素)に反応して、熱を照射する」ことで脱毛をおこないます。

そのため、白髪やこどもの細いうぶ毛のような色素の薄い毛には反応しないので脱毛効果がありません。

また、成長期でホルモンバランスも安定していないので、毛が生え変わるサイクル(毛周期)も安定していないため、効率よく脱毛ができないことから、キッズ脱毛は効果を実感しづらいと言われています。

子供のデリケートな肌へのダメージ

のちほど紹介する「自宅でできるムダ毛ケア」に比べれば肌へ負担は少ないでしょうが、お店に通っても肌への負担は当然かかります。

脱毛後は普段以上に保湿など肌ケアが重要になってくるのですが、遊びに夢中になって忘れたり、疲れ切って寝てしまったり、継続的にケアをするのは意外と難しい。

保湿などケアを怠ると肌が乾燥して硬くなってしまい、ガサガサ肌・毛穴開き・埋没毛など、さまざまなデメリットにつながるので注意が必要です。

\ 3歳でも通えるキッズ脱毛!/

体験特別割引で7700円で脱毛できる!

公式サイト:https://campaign.datsumousalon-dione.jp/

自宅でできるムダ毛ケアのデメリットと危険性

小学生や中学生にもなってくると、個人差もありますがムダ毛が気になって自己流でケアを始める子もいるでしょう。

しかし、自宅でカンタンにできる方法は肌トラブルを引き起こしやすいものばかり。

この章では、代表的な自己処理方法のそれぞれのデメリットについて紹介していきます。

剃毛(ていもう)

一番手軽なのがカミソリやシェーバーを使って毛を剃ることでしょう。

ほとんどの人が経験していると思いますが、毛を剃ったあとはラップ一枚分の皮膚を削いでいると言われるくらい肌にダメージを与えてしまうので、これはかなり大きなデメリット。

それが子供の薄くて柔らかい皮膚ならなおさら。

話が少しそれますが、脱毛器やクリニック、サロンの前にも剃毛が必要になるので、肌の負担が少ない電動シェーバーは1台もっておきましょう。

筆者が使っているのは、安価ですが刃先が丸く加工されVIOなどデリケートゾーンにも使えるものなので、子供の肌でも負担が少なく使用できるでしょう。

毛抜きで抜く

毛抜きでうまく抜いた場合、剃毛に比べて効果が長持ちします・・・が。

毛穴へのダメージが大きく、傷ついた毛穴に最近が入ってしまうことで起きる「毛嚢炎」を引き起こしてしまうことも。

過去に筆者がブラジリアンワックスを使った体験談としては、

  • 全体に赤いぶつぶつができた
  • 赤みがひいたあともかなりの量の埋没毛ができた
  • ひどいかゆみや毛穴が詰まってニキビのようになってしまった

など、最悪な状況になったので、小中学生のように肌がデリケートな年代は、毛抜きでの脱毛は絶対にやめておきましょう。

除毛クリーム

除毛クリームは薬剤を使って表面の毛を溶かす除毛方法ですが、効果としてはシェーバーで剃るのとほぼ同じ。

しかし、薬剤は肌にやさしい成分になればなるほど高額になっていき、安価なものだと化学物質を多く含む傾向があるようなので注意が必要です。

また継続的に使用しなければならないので、肌の負担を考えると小中学生にはデメリットの方が多く感じてしまうでしょう。

子供はデリケートなので肌トラブルを起こしやすい

脱毛や除毛はどのような方法でも少なからず肌にダメージを与えます。

大人でも人によって肌トラブルが起きるので、よりデリケートな子供の肌ではそのリスクは上がるのも当然のこと。

この章では脱毛をすることによって起こる肌リスクについて紹介していくので、デメリットと共に頭に入れておきましょう。

埋没毛

画像引用:イデア美容皮膚科クリニック(コラムより)

埋没毛とは、皮膚の中に埋もれてしまっている体毛のことをいいます。
通常、体毛は毛穴から皮膚の表面に出る形で生えていますが、何かしらの原因で毛穴がふさがってしまうと、体毛が皮膚の表面に出られず、皮膚の中で成長してしまうのです。

イデア美容皮膚科クリニック

毛穴が正常に機能しなくなることで、生えてきた毛が埋まってしまい黒いぶつぶつができてしまいます。

悪化すると毛嚢炎や色素沈着の原因にもなるので、注意が必要です。

埋没毛の原因は誤った自己処理で起きることがほとんどなので、不安なかたは脱毛クリニックやサロンなどプロに任せるほうが安全でしょう。

毛嚢炎

毛包炎は、毛穴の奥の毛根を包んでいる部分(毛包、毛嚢)に起こる炎症です。
毛包部にできた小さなキズから細菌が感染することによって起こります。
赤みを帯びた発疹(丘疹)や周囲が赤く膿をもった発疹(膿疱)がみられます。
患部を清潔にすることが大切です。治療には抗菌薬(外用・内服)が用いられます。

第一三共ヘルスケア

毛嚢炎(もうのうえん)は脱毛に限らず、毛を剃ったときにできる小さな傷からも感染する恐れがあります。

軽度であれば市販薬でも完治することもありますが、悪化してしまうと腫れや範囲が広がってしまうこともあるので早めに医療機関を受診する必要があります。

色素沈着

肌のターンオーバーが正常に行われず体内で生成されたメラニン(黒色の色素)が排出されず残ってしまうことで、肌が黒ずんでしまうこと。

色素沈着の主な原因は肌の摩擦やダメージによるもの。

肌に負担の大きい脱毛方法をしてしまうと、埋没毛を引き起こしやすく、かゆみでさらに外から刺激をあたえてしまったり悪循環にハマってしまう恐れがあります。

小学生〜中学生で脱毛をするメリット

本記事の前半では小学生などのキッズ脱毛についてのデメリットについてたくさん書いてきましたが、デリケートな子供の肌を考えると心配性なくらい考えても間違いはないでしょう。

しかし、近年では親世代も脱毛に対する理解も深まってきたこともあり、多くの脱毛クリニックやサロンが「キッズ脱毛プラン」を用意しているほどです。

この章では小中学生が脱毛することで得られるメリットについても紹介していきます。

\全9種類!キッズ向け脱毛方法のまとめはこちら/

コンプレックスの解消

成長にしたがい、身体的特徴の変化が大きくなる時期なので「あれ?」「周りと違う?」といった不安が子供でも起こることがあります。

特に学校など集団生活をしていると、同級生のからかいなどで大人以上に傷ついてしまうことも。

身体の変化に敏感で他人と比べ始める時期に、コンプレックスを解消してあげることで不要なトラブルを避けたり、こどもが自身をもって他人と接することができたりメリットは多くあるでしょう。

自己処理にかかる時間が減ってキレイな肌を維持しやすい

永久脱毛を受けたからといって100%毛が生えてこなくなるわけではありませんが、継続的に脱毛をおこなうことで毛が生えにくくキレイな肌を維持しやすくなります。

結果的にカミソリなどでムダ毛を処理する回数が減るので、トータルでみると肌ダメージを減らしたり、自己処理にかかる時間を節約できたり。

こうした小さな積み重ねが年齢を重ねてからの肌にも関わってくると考えれば小学生(キッズ)での脱毛もメリットが大きいといえるでしょう。

\ キッズにおすすめな脱毛方法まとめ/

品名OPUS BEAUTY03 Power Proエピレウィルビークリニック
ポイント本記事でコスパNo.1!490円から体験できる脱毛サロン!国内最安級の脱毛クリニック!
価格39,800円キッズ体験490円〜月々1400円〜
何歳から?10歳〜OK未成年者OK未成年者OK
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
詳しくはこちらの記事で>>

キッズ脱毛で注意すべきこと

これまでキッズ脱毛のメリット・デメリットについて紹介してきましたが、結論としては下手に自己処理をするくらいなら、ちゃんと脱毛をした方がいいでしょう。

脱毛サロンのおためしなら最安値は490円から、キッズ対応の脱毛器は月々1658円から購入できるので、長期的にみればランニングコストも安くなる場合も。

なので最後に、キッズ脱毛ならではの注意すべきことをいくつか紹介して終わりたいと思います。

子供はいつから脱毛できる?

法律上は子供の脱毛に年齢制限はないのですが、クリニックやサロン、メーカーで独自に推奨年齢を決めているところが多くあります。

子供がいつから脱毛できるかは、小中学生のキッズにおすすめな脱毛方法についてで詳しく書いているので、こちらの記事を参考にしてください。

日焼けやプールなど夏は特に注意

キッズ脱毛でもっとも注意が必要なのが日焼けやプールによる肌ダメージ。

薄着になる夏こそ脱毛をしたいと思うでしょうが、脱毛後の肌はなんどもお伝えしますがダメージを受けて非常に弱っている状態。

脱毛後の日焼けはもちろん、脱毛前に日焼けしてしまっても、黒くなった肌では脱毛ができなくなってしまうので注意が必要です。

親の同意書や付き添いが必要

脱毛クリニックや脱毛サロンではキッズOKでも、保護者の同意書や施術中のつきそいが必須のところがほとんど。

キッズ脱毛を通いで考えているのであれば、親のスケジュールも空けておく必要があるので注意が必要です。

また、家庭用脱毛器においても、キッズ対応のものだとしても保護者監視のもとを推奨しています。

特にレーザー脱毛器のトリアを除く、一般的な光脱毛器は強い光を発するので、最悪失明の恐れもあります。

家庭で脱毛を考えているかたは細心の注意を払いましょう。

キッズ脱毛の費用について

キッズ脱毛の費用は、脱毛方法によって大きくことなります。

脱毛クリニックやサロンなどは分割払いにも対応しているところが多く、月々1000円台から通うことができるので家計に負担をかけずに子供のコンプレックスを除いてあげられるようになってます。

ただ残念ながら、全国どこでも1000円台でクリニックやサロンに通えるわけではありません。

ですが!最近見つけた家庭用脱毛器がかなり優秀でコスパがめちゃくちゃ良い・・・!!

キッズも使える「ジュニアモード」がありながら、最大パワーで使えば男性の濃いヒゲまで1台で対応できるハイスペックモデル。

まだ脱毛をそこまで真剣に考えていなくても、OPUS BEAUTY03 Power Proは知っておかないと損しかねないので、一度はチェックしておいてください!

\ キッズにおすすめな脱毛方法まとめ/

品名OPUS BEAUTY03 Power Proエピレウィルビークリニック
ポイント本記事でコスパNo.1!490円から体験できる脱毛サロン!国内最安級の脱毛クリニック!
価格39,800円キッズ体験490円〜月々1400円〜
何歳から?10歳〜OK未成年者OK未成年者OK
公式サイト詳細を見る詳細を見る詳細を見る
詳しくはこちらの記事で>>
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次